読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活習慣病は予防することが大切

生活習慣病気は誰でも一度や二度、耳にしたことがあるのではないでしょうか?

生活習慣病は名前の通り生活習慣によって病気になることを意味します。

例えば塩分の摂りすぎでは高血圧、脂っこい食事を好めばコレステロールの値が上昇し、肥満や高コレステロール血症になります。
糖尿病も生活習慣病ですが、甘いものを好む人がなると誤解されがちですが不規則な食事、炭水化物の多い食事を好む人がなりやすいです。

ストレスを溜めたり、運動習慣がないことも原因となります。

ですが、生活習慣病気はなんの自覚症状も伴いません。

症状がないなら別に困らないと思われる方もいらっしゃると思います。

生活習慣病がこわいのはそこです。

長い年月をかけて体にダメージを与えているわけですから知らず知らずのうちに体はボロボロになってしまいます。

その結果、生活習慣病心筋梗塞狭心症脳出血脳梗塞とよばれる深刻な病気を引き起こす原因になりえます。

最悪の場合は命を落としかねませんし、一命はとりとめても重い後遺症が残ります。

そうならないためにも生活習慣病にはならないように日頃から食事の内容はバランスを意識して、運動を行うようにしましょう。

食生活は言うまでもなく野菜を摂ることが必須です。
ストレスを溜めないこと、疲れを残さないことも大切です。